ja 住宅ローンの口コミ

             メニュー

 

 

・ja住宅ローンが病気で払えなくなった時や金利推移

 

・要注意!フラットの落とし穴とja住宅ローンの金利推移

 

・夫婦で住宅ローン ja住宅ローンの金利推移や三井住友銀行の「クロスサポート」

 

 

ja住宅ローンが病気で払えなくなった時や金利推移

 

住宅を購入の際には、一括購入というのは難しく、農協や銀行、jaバンクのja 住宅ローンなどの住宅ローンを利用することが一般的です。
この住宅ローンですが、金利推移などを考えて生活に無理のない範囲で組んでいたとはしても、病気によって就業が難しくなれば、返済出来るか不安に感じる方も多いでしょう。

 

まず、住宅ローンを支払えなくなった場合には、債務遅滞ということで、ローン契約が帳消しになり、お金を借りていた金融機関のほうは、一括での返済や、抵当権を発動しての差し押さえ、競売という手段を取ることになります。

 

ただし、滞納しても、すぐさまこういった事態になるわけではありません。
2ヶ月、3ヶ月と連絡もせずに放置していれば別ですが、はじめて1ヶ月滞納しそうな場合には、予めこちらから連絡を入れ、翌月に支払う約束をするなどをすれば、金融機関の方とも折り合いがつけられます。

 

事情をしっかりと説明し、相手との信頼を壊さないようにすることが大切です。
なんとか支払い時期をきちんと相談して、金利推移を見据えその約束の範囲内で返済するようにしましょう。

 

ja 住宅ローンのことならjaバンクに相談すればいいでしょう。

 

要注意!フラットの落とし穴とja住宅ローンの金利推移

住宅ローン 

 

マイホームに住むことは誰しもの憧れであり、一種のステータスです。マイホームを一括で購入出来る人は少なく、大半の人は住宅ローンを組んで購入するでしょう。ja 住宅ローンなどで住宅ローンを組むときにファイナンシャルプランナーなどに相談し金利推移を計算し、自分ならどれくらいの住宅ローンを組んでも大丈夫だと考えて予算を組む方も多いでしょう。

 

しかし、住宅ローンの返済額はシュミレーションで出ている額よりかなり余裕を持った返済額となるように購入に踏み切ることをオススメします。

 

住宅ローンの組み方は大きく分けると、ja 住宅ローンや銀行の住宅ローンに申し込むか、フラット35で申し込むかという形になります。住宅ローン限度額からいうと、フラット35のほうが大きく借入することが出来ますが、ここで冒頭にも記述したとおり、返済額を抑えた借入をしなければ、今後の返済にゆとりが持てません。急な出費があったりすると、返済は破綻しかねません。ネットの見積もりや、フラットの審査が通ったからといって一喜一憂するのではなく、今後の生活まで見通した借入金額にすることが非常に大切になってきます。

 

農協やjaバンクのja 住宅ローンなら対面で金利推移なども相談もできます。

 

もしホームメーカーなどで見積もりをしているのであれば、金利推移も考え必ずそのことを念頭に置いて話を進めましょう。

 

夫婦で住宅ローン ja住宅ローンの金利推移や三井住友銀行の「クロスサポート」

 

夫婦共働きで住宅ローンを組みたい!
そんな方には三井住友銀行の連生団体信用生命保険付き住宅ローン「クロスサポート」がおすすめです。

 

「クロスサポート」は夫婦が別々にローンを組むペアローンとは違い、夫婦のうちどちらかを主債務者、その配偶者を連帯債務者とする住宅ローンです。
連生団体信用生命保険とは夫婦二人で入れる団体信用生命保険(団信)で、どちらかが亡くなった場合、団信で残りの住宅ローンを支払うことができます。

 

ペアローンの場合、亡くなった方の住宅ローンは団信で支払われますが、配偶者は自分名義の住宅ローンはそのまま支払い続けなければなりません。
万が一のときの経済的負担を考えると断然、連生団体信用生命保険付き住宅ローンの方が安心ですよね。

 

もしも、まだ三井住友銀行に口座を持っていないのなら、住宅ローンの申し込みをする前に、メインバンク(主要取引銀行)を三井住友銀行にしておきましょう。
実績を積んでおけば、ローン審査もとおりやすくなりますよ。